1. トップページ >
  2. スキンケアプロセスの差!

スキンケアプロセスの差!

クレンジング、化粧水と紹介してきましたが、もう一度スキンケアのやり方、プロセスで陥りがちな間違い、NGなことを見直します。

朝化粧水しかつけないって方多いはず。朝は忙しいし、メイクの前にテカリたくないからと言って油分を排除していませんか?!それでは肌が育ちません!!

なるべく余裕をもってお手入れしましょう。

乳液、クリームは付けた後すぐメイク、ではなく、10分くらいおいてからだといいです。肌になじんでべたつきも気になりません。それでもべたつくと言う方は、ティッシュで軽く押さえてからすると、メイクもよれたりしません! 


あと陥りやすいのは付ける順番!化粧水つけて、乳液付けて、なんとなく水分が足りない気がして、また化粧水 付けて…なんてやってませんか?!これではもったいない!


化粧水をたっぷり使うのはおすすめですが、その後、なんだかごちゃ混ぜ|д゚)

化粧水の後は美容液、セラムをつけます。目元、口元から重点的に!最初に手を置いたところに、一番たっぷりついているので、意識的に、目元口元からつけて、外側に流すように付けるといいです。

乳液を外すお手入れももったいない!順番は美容液の後。肌を柔らかく整えるのが乳液。肌がごわつく、クリームがなじみづらいと感じるならなおのこと、はしょらずに!!憧れのモッチリ肌に近づけるアイテムです。

乳液は手のひらにたっぷりとって両手に広げます。そして、フェイスラインから付けていきます。あまり油分をあたえたくない顔の中央は手のひらに残ったものを付ける感覚。もしくは、自分が乾いてると感じるところからつけるのもいいです。

化粧水→美容液→乳液ときたら最後はクリーム。

クリームも朝なんかは特に付ける方が少ないかも。
もうこの際、ベタベタ、テカるからといって塗らないなんてことはやめよう!

保湿とは、水分を与えることではなく、肌が潤いを保てる状態であること。

クリームなしじゃお話になりません。付ける量もたっぷりとって。夜は多すぎることはないので、特にたっぷり。付け方も、一番潤いを与えたいところから。そこから中央→外側へ。

朝は、その逆にするとOK!油分でメイク崩れするのを防ぐために、外から内がおすすめ。 


そして朝なら、UVケアでお手入れ完成。UVケアも保湿ととらえるかは種類によりますが、乾燥の原因の一つの紫外線をブロックする意味では、重視すべきもの。
 
使うものも質にこだわって使ったほうが、メイクを落とした時に違いを感じるはず。日中の渇きを考えたら、保湿力高めの上質なUVを選ぶのに越したことはない!!


どうですか?!スキンケアプロセス。

自分流は今日からやめて、見直す機会です!